システムトレードを考えるなら

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 へ参加しています。
良かったら、ポチッとお願いします。
システムトレードを考えるなら

2009-01-30(Fri)

1月30日の売買結果

手法1
-100円
月間損益 740円

手法2(カッコ内は実際の損益)
-80(-90 × 2)円
月間損益 80(685)円

本日は、じわじわと下げる一日でした。
後場に入ってからも、大きく動くことなく、最終的に8000円を割って引けています。
8000円を超えてきてたので、少しは景気の展望も明るくなりかけたのか?なんて少し期待したりもしましたが、あっさりと否定された気分です。

一月最終日はマイナスで終わりました。
せめて、昨日のプラスで一昨日のマイナスを帳消しに出来ててたら・・・と、思いますね。
明日、時間があれば、一か月分のまとめを載せたいと思います。
スポンサーサイト
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 へ参加しています。
良かったら、ポチッとお願いします。
システムトレードを考えるなら

2009-01-30(Fri)

本日のサイン

本日のサインは、

買い

枚数:「2枚

です。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 へ参加しています。
良かったら、ポチッとお願いします。
システムトレードを考えるなら

2009-01-29(Thu)

1月29日の売買結果

手法1
0円
月間損益 840円

手法2(カッコ内は実際の損益)
60(55 × 2)円
月間損益 160(845)円

本日は、寄付きから、上昇し、すぐに8300円を超えましたが、そこで息切れしたようにずるずると下げ、後場の寄付きでは、前場の引値を上回るものの、すぐに下げに転じました。
8150円を割ったところで反転?し、引けにかけて、始値付近まで上昇しました。

システム上では、昨日今日で同額だったのにたいし、実売買では、-30円×2・・・
やはり、システムを超えるためには、強気のサインは必要だと感じました。 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 へ参加しています。
良かったら、ポチッとお願いします。
システムトレードを考えるなら

2009-01-29(Thu)

本日のサイン

本日のサインは、

売り

枚数:「2枚

です。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 へ参加しています。
良かったら、ポチッとお願いします。
システムトレードを考えるなら

2009-01-28(Wed)

1月28日の売買結果

手法1
0円
月間損益 840円

手法2(カッコ内は実際の損益)
-60(-85 × 2)円
月間損益 100(735)円

さて、一応、危機的状況は脱したのでしょうか?
前場では、一時8000円を割るも、後場に入り、いきなり8100円を超えて推移しました。
引け近くでは、8100円台の攻防でしたが、一応8100円を超えて引けています。

午前は、上下したものの、前場引けでは、わずかな含み損だったため、このままならもしかして・・・
などと、微妙に期待を持っていましたが・・・
午後の寄り付きで愕然・・・見れども見れども8100円付近から動かないわけです。
昨日、浮かれた反動で余計にがっくり来ました。

今月もあと2営業日、どうなるでしょうか?
去年と同じく1枚での取引でこの利益なら、まずプラスで終われると思いますが、今年からは、通常で2枚。強気のサインの場合は、4枚という設定です。
70000円程度の利益は簡単に吹っ飛ぶ可能性が十分にあるので、浮かれないで行きたいと思います。 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 へ参加しています。
良かったら、ポチッとお願いします。
システムトレードを考えるなら

プロフィール

ひーた

Author:ひーた
可も無く不可も無くな毎日を過ごす平凡な会社員です。
セミリタイアを目指し、システムトレードを計画中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

アフィリエイト・SEO対策 父の日・ギフト・花束・母の日 ホームページ 私書箱/私設私書箱 カウンター 英会話スクールWILL Square FC2PIYO  サーバー・ホスティング 出会い無料!センター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。